排卵検査薬って何だろう?

排卵検査薬って何だろう?

最近こそ「不妊治療」というものはよく聞かれる言葉になっているように思いますが、実際に子供が欲しいと思っていてもなかなかできない人にとっては、やはり敷居が高く感じる治療なのではないかと思います。

保険適応外の治療であるため費用的に高額になること、そして、もしかして子供が出来ない体なのではないかという潜在的な恐怖・・・女性はとてもデリケートなものです。

妊娠のメカニズムとして、女性は月経があり、排卵というものをしなければいけません。

この排卵の有無とその時期を市販の検査薬で調べることができるのです。

それが排卵検査薬です。

ドラッグストアや通販で簡単に購入できます。

排卵検査薬は、排卵前に多く分泌されるヒト黄体形成ホルモン(通称LH)を感知するもので、月経が規則的にある方は排卵の時期を把握しやすいかと思います。

不妊治療を行っている現場でも実際に使われていますので、子供が欲しいけど一歩踏み出せない・・・治療の前に自分で試してみようかという人には最適かもしれません。

妊娠するためには月経・排卵する必要があります

女の子が思春期に入ると、月経発来をします。

月経は、女性が将来子供を産むための体の準備が整ったという証であり、親としては「おめでたい」という雰囲気になります。

月経を繰り返していくことで、子宮内膜の成長と破綻を繰り返し、子宮そのものも成熟し、赤ちゃんを迎える準備をしているのです。

もう一つ大切なのは、卵巣機能です。

子宮は卵巣からの指令で動かされている臓器ですから、卵巣ホルモンが分泌されなければ月経も来ないということになります。

卵巣が主に司る機能としては「排卵」です。

これは卵子の放出であり、卵子は赤ちゃんの源です。

卵巣の中には原子卵胞というものが多く存在し、思春期になると、毎月1個ずつ成長し排卵するのです。

そうしていつしかの妊娠に備えます。

排卵検査薬の使用方法

最近は、子供を望む年代になった時に、きちんと排卵されているか、またその時期を推定する方法として、排卵検査薬を利用する人も増えています。

排卵検査薬を用いることで、妊娠の確立が上がることは確かだと思いますので、子供を望む時に使用してみるのもよいと思います。